〒969-6576 福島県河沼郡会津坂下町大字牛川寿ノ宮1905 TEL:0242-85-8861

会津坂下町でお米やそば粉を生産・販売|若宮ばくさく

トップページ > スタッフブログ > 福島民報ビルそば祭り

福島民報ビルそば祭り

12/06に福島市の民報ビルで行われるそば会イベントに向けて、お世話になっている加藤蕎麦道場に若手蕎麦打ちが揃って大量注文をこなしました。みんなは一度家に帰って一休み。午後になったら再び集まってみんなで福島市へ移動しました。DSC_0239 移動は高速道路。道具を詰めた藤川さん(道の駅そば試食販売で一緒に取り組んでる人)は先発で早めに出発したのですが、そっちは下道で土湯峠を越えての雪中行軍とのことでした。DSC_0242 民歩ビルの宴会施設の様子。出席者の方々は福島県地元の中でもとても偉い人たちが名を連ねた大事な食事会でした。DSC_0243 会場の一角に蕎麦打ち披露を設置。こちらは加藤蕎麦道場の長男のやすあきさんが担当。DSC_0241 厨房では蕎麦茹で準備開始。DSC_0240 こちらはかけそば用のかけつゆ調理。鶏ガラとネギ(青身)を鍋に入れて煮込みます。DSC_0245 アクをこまめに取り除きます。DSC_0249 DSC_0248ダシに使ったガラとネギを取り出し、DSC_0252  ゴボウと鶏肉とネギの白身を加えて加熱。めんつゆを足しながら味付けを仕上げていきます。DSC_0247 こちらはいらなくなった鶏ガラのお肉を細かく取り出している様子です。かけつゆ調理の副産物を有効活用した裏メニューです。じっくり煮込まれたガラ肉はめんつゆの味付けがしみこんでおり、骨からほぐし落としたお肉は軟骨も混じっていて歯ごたえもあります。DSC_0250 DSC_0253 めんつゆを加えたり、ゴボウと混ぜたり、DSC_0254 鶏ガラフレークとでも言いましょうか。表に出ることのない、裏方の楽しみを堪能しました。DSC_0246 蕎麦提供の準備風景。おそば以外にも坂下町の特産物を利用した伝統・創作料理が多数並びます。DSC_0255 DSC_0256 ざるそばのおちょこ準備。映ってるのはたかとう蕎麦の大根おろしを分けた器です。DSC_0257 茹でた蕎麦を器に盛って提供します。DSC_0258 DSC_0259 こっちはかけそば。ネギはトロットロにとろけてます。DSC_0260 デザートは坂下町地元のみしらず柿を使った意欲作。極粒サイコロカットした柿をヨーグルトにトッピング。いくつか試食しましたが、けっこうツボを突いた良好な食感と風味でした。DSC_0261

 

終了時間を見計らって徐々に片づけられるところから片付けていきました。蕎麦会がお開きになったやいよいよ総力を挙げて片付け清掃を始めます。荷物を車に積めて、役場の人たちにも挨拶してから蕎麦チームは帰宅開始。帰り着いた頃は深夜22時を過ぎてました。

最近の投稿

このページの先頭へ