〒969-6576 福島県河沼郡会津坂下町大字牛川寿ノ宮1905 TEL:0242-85-8861

会津坂下町でお米やそば粉を生産・販売|若宮ばくさく

トップページ > スタッフブログ

年越し蕎麦打ちという名のメギド

雪が降るとそば粉に見えます。

今年の年越し蕎麦の蕎麦打ちは大変でした。いつも首都圏からお手伝いに来てもらっている人がいるのですが、コロナの影響で今回は望めませんでした。

それに対してコロナショックにも関わらず年越し蕎麦の注文数は我が家の蕎麦打ち家業始まって以来の記録更新となり、負担の大きさを予想すると年末が近づくにつれて落ち着きを失います。

社長の息子であるわたしは家の蕎麦打ちに加えて、加藤蕎麦道場の手伝いも控えていたわけで、年賀状の制作も手に付かないほど落ち着きを失っておりました。

DSC_1323

 

年末秒読みの数日は道の駅に出してるそば粉が爆発的に売れて追加納品の作業に追われました。無くなる前に持って行くつもりが、持って行った時には時すでに遅しの連続です。生そばも出せば出すだけ売れる消費の過熱ぶりでした。

DSC_1324

年越し蕎麦に向けて蕎麦小屋を大掃除。軽トラの荷台に備品を積み上げます。

DSC_1325

DSC_1326

加藤蕎麦道場でお手伝いしているときの様子です。こっちは大御所だけあってうちの5倍以上の注文数を誇ります。毎年どうやれば注文数を減らせるかを考えてるなんて冗談を師匠は言いますが冗談に聞こえません。

DSC_1327

年越し蕎麦打ちのピーク時にも生そばの在庫補充に追われて大忙し。開店前に商品棚まで行くと面白いほどスカスカの生そばコーナーが見れます。

DSC_1329

クロネコヤマトと到着を待ちわびる蕎麦箱の列。遠方からの注文分は配達の都合で年越しの前日の発送となるので、どうしても30日に蕎麦を打つ量が集中します。全国の蕎麦打ちたちの勝負はこの30日にかかっているといえます。同時にクロネコヤマトにとっても負担はこの日に掛かってくるということです。

DSC_1330

家の蕎麦打ちを終え、加藤蕎麦道場のお手伝いを終え、犬の散歩も済ませて家に帰り着き、紅白歌合戦も見ること無く私は両腕を湿布で貼り固めてベッドの上に休みました。

大晦日は体調を崩して動けず、二日目になってやっと鎮守様をお参りしt部屋の大掃除。

遅れに遅れてしまった年賀状のイラスト作成に勤しんでおります。

 

降雪も降り積もってあきらめのついた大型バイクは会社のガレージの中で冬眠中。トラクターや田植機など、冬ごもり中の話し相手には困ることは無いでしょう。新たに迎えた新年の走り出しを楽しみにしながら、ホンダNC700Xには静かに休んでもらっています。

DSC_1328

積雪。会津坂下町グルメ。

福島県の会津にもいよいよ積雪の季節がやってきました。

機械の整備も機械達の冬ごもりも終えて主な野外の仕事はめっきり少なくなります。

今の仕事はもっぱらアスパラのハウス栽培の準備と道の駅などへの商品の納品や細々とした掃除を含めた施設整備などの雑務となっております。

下に載せた写真は冬に栽培するアスパラの伏せ込みの様子です。下に電熱線を敷いてその上にアスパラの苗を並べ、さらに籾殻をかぶせてあります。電熱線と籾殻の発酵熱とで冬でもアスパラを育てられるようにしてあります。ちゃっかり頭を出してる苗もありますが、栽培が始まるのは年明けの一月中旬以降となっております。

DSC_1287

柿畑にそば殻を蒔いている様子です。年越し蕎麦の時期に合わせてフル稼働している蕎麦の粉ひきから発生する残渣の有効活用として柿畑に蒔きました。積雪した地面の上に真っ黒なそば殻を、柿の木の幹を中心に円を描くように蒔くので、地面いっぱいに広げた半紙に習字をするような気分です。

DSC_1298

DSC_1299 DSC_1300

今年の先発大寒波が唐突だったもので、私の自家用車はタイヤ交換のタイミングを見逃してしまいました。面倒くさいからと先延ばしにしたのがいけませんでした。

DSC_1296

我が家のネコ(写真右の茶トラ)と仲の良いメスの野良猫です。野良猫はすっかり家の周辺に居着いてしまいました。

DSC_1302

 

ここからグルメレポートとなります。まずは私のソウルフードとなったキッチンとよぼのオムライスカレー。そして大盛りの自家製ヨーグルトです。ヨーグルト菌はソ連時代のロシアから来日したご婦人から頂いたものらしく、かれこれ育てて30年以上経つそうです。

DSC_1247 DSC_1248

いつの間にか和むデザインの加湿器が設置されてました。

DSC_1249

店内はクリスマスムード。時期を外さない演出はしたたかです。

DSC_1250

続いて雪花という食堂の焼き肉定食。半チャーハン追加。ここのオリジナルソースは甘党の嗜好をわしづかみする危険な魅力があります。

DSC_1263

小綿家さんの生姜焼き定食。元ラグビー選手であるご主人の基準にかなった一般人向けでは無いボリュームにはいつも圧倒されます。

DSC_1310

ここの炊飯器で炊かれたご飯はいつもながら絶品。この日ももちもちに炊きあがっておりました。

DSC_1311

道の駅にそば粉納品。年越しの時期になるとそば粉が飛ぶように売れて品薄が多発します。まとめ買いするお客様がいるのかレジに聞いてみたところ、目立つような大量買いするひとはいないようでした。それだけ散発的に売れるのだとすれば購入層はものすごく広いのでしょう。

DSC_1303

の中央広場で売り出ししていたパイ屋さん。若松市を拠点とする若樹工房というお店らしいです。

DSC_1307

朝から蕎麦打ちで疲れて納品を終えて仕事から解放された安心感もあり、大量に買って家に帰って家族とお茶しながら食べました。ボリュームに満足。なにより手作りでわざとらしくない甘さ加減は絶妙。パッケージもかわいらしく、好評価が持てます。

DSC_1306

道の駅で売り出ししている石焼き芋屋さん。すっかり顔なじみになっていつもサービスしてくれます。

DSC_1259

お菓子食品が充実している今の時代、古い人間しか石焼き芋を食べようとはしないのでは無いかと聞いたところ、そんなことはなく小さな子供も好んで食べに来てくれるそうです。

DSC_1261

品種はふたつで、あんのん芋と紅あずま。紅あずまはジャムのように優しい酸味を含んだ果物のような甘さで、あんのん芋はほくほくしていて焼き芋のイメージの王道をいく食感でした。

DSC_1308

ジェラート屋さんの商品にあるチーズケーキ(250円)と珈琲(200円)。ジェラートにもシュークリームにも飽きたときの選択肢として時々食べます。

DSC_1320

ガレージ用品の通販サイトのパーマンでLEDライトを注文したらカレンダーが届きました。かわいい女の子のマスコットキャラはモノタロウにもアマゾンにも無い強みです。

DSC_1313

 

自転車屋さんにお米を持って行ったら自作エレベーターを見せてもらいました。手作りにしては高い完成度をしています。DSC_1314

DSC_1315

忘年会の帰り。無飲酒を守ったので原付に乗って帰ろうとしたらキージャックが凍り付いてしまいました。熱湯で溶かしても良かったのですが、内部へのダメージを警戒して結局押して帰りました。その後面倒くさくなって結局熱湯を注いで溶かしましたが、何の不具合もありませんでした。

DSC_1295

読み始めてからかれこれ半年になる哲学の教養書。わかりやすくまとめられたものなので哲学書では無いのですが、こんなものでも私にとっては難しくて自分の中に消化して頭に定着させるのにかなりの時間を要しております。すっかり他の本に手が回らなくなってしまい、今年の読書量はこの一冊を最後に十冊にもなりませんでした。この本との戦いはまだ続きそうです。

DSC_1262

ワカサギ釣りの友人からお裾分けを頂きました。

裏磐梯の檜原湖産。

家でフライにして食べたのですが、骨も柔らかく、しっかり火が通ってかつ小さすぎずちょうどいい大きさで美味しかったです。福島県会津の冬の幸を堪能しました。

DSC_1321

デザインのお仕事。

急に社長(父)からデザインの仕事を頼まれたのでやってみました。私は過去に美大で学んでいた経験もあり、当時はアドビのイラストレーターというとても便利なイラスト作成ツールを使用してました。しかし今回使うツールはWindowsのオフィス向け標準アプリに収録されているパワーポイントというツールです。基本的な操作性はイラストレーターと似ており、慣れてしまえば簡単なことくらいはこなせるようになりました。

 

まず頼まれたのはひとめぼれのポップ作りです。道の駅に出荷してるコシヒカリの売れ行きはいいのですが、ひとめぼれの方が芳しくありません。

せっかく特殊な栽培方式で育てたものの、特別なひとめぼれという宣伝ができていないのでポップを作ることとなりました。DSC_1267

できあがったポップには簡単なことしか書いてありませんが、生協などから回収した残渣を肥料としてリサイクルしたものをつかったて育てたひとめぼれということです。その肥料を作ってくれたのが喜多方市にある荒川産業というところです。

DSC_1268

 

続いて頼まれたのが、特別栽培コシヒカリを小分けでパックしたものに使用するラベルのデザインでした。

DSC_1273

クライアントはばくさく地元の会津坂下町観光物産協会さん。ある程度出来たデザインを観光物産協会に持って行っていろいろ訂正点を指摘してもらいました。

DSC_1277

指摘された訂正点を取り入れ、かつひらめいた脚色も織り込んでできあがったものを提出。

OKもらったらさっそく量産開始です。

DSC_1309

これは特別栽培コシヒカリのサンプル品として、東京都の世田谷区にある櫻井精米店に陳列されるそうです。

そんな一等地に置かれるとは知らされておらず、すこしびびっております。

 

蕎麦の試食販売。焼き芋。

11月29日と12月13日は道の駅でお蕎麦の試食販売しました。

DSC_1228

 

11月の天気は良好。まだ新そばシーズンに片足を残したような時期で売れ行きも客入りも好調でした。気温も寒すぎず、雨も降らず天候に恵まれました。

石焼き芋屋さんで焼き芋買いました。みんなに差し入れに持って行きます。品種は紅あずまとあんのん芋です。

DSC_1229

試食販売開始前にみんなで試食。 朝ご飯では無いですが朝蕎麦をみんなで堪能します。

DSC_1230

容器に小分けにした試食用そばを提供します。

DSC_1231

売り子はばくさくでお世話になっているご婦人チームの一員です。

DSC_1232

写真の左下に写ってる宇都宮餃子の容器は餃子ではなく保冷剤が入ってます。遠方から起こしの購入者さんの為に用意しました。

DSC_1233

続いて12月13日。さすがに寒さも強まり、野外でそば湯でする側にとっては過酷になりました。雪が降らないだけマシです。DSC_1285

 

この日の道の駅へのお客様の数は多くは無かったのですが、この日も売り子をしてくれたのは、ばくさくガールというご婦人達のチームの一人でした。そんなご婦人の努力もあってこの日も無事完売となりました。

DSC_1280

この日も道の駅の施設表の方で出店をしている石焼き芋屋さんで差し入れを買いました。

DSC_1282

DSC_1283

喜多方市からも出店でとんかつを販売している人が新たに加わっていたので、そっちも気になりました。

DSC_1284

 

道の駅あいづ湯川・会津坂下は真冬になると客足が少なくなるのですが、蕎麦の試食販売の方はばくさくガールの努力に助けられました。

DSC_1286

14:30には撤収作業も終えて終了となりました。帰りにアップルパイと珈琲で遅い昼食。一仕事終えての珈琲は美味しいです。

 

機械整備。KTCの工具箱新調。

稲刈りが終わり、後片付けも終わり、今度は機械整備で忙しくなりました。時期で言うと11月後半から12月上旬にかけての頃になります。

DSC_1195

写真は蕎麦刈りで使用した汎用コンバインです。整備はまず泥落としから始まります。それから機関部をチェックして交換したり応急処置したり掃除したりしました。

DSC_1196

農協の整備工場で行われる整備会でコンバインの合同整備をする様子です。生産者自身がプロの整備士のサポートを受けながら専門的な整備を行います。

DSC_1289

目にする機会がなかなか無いところを触ることが出来る貴重な体験でした。自分の機械の構造を知らないまま使うよりこんなふうに構造を見て触って理解することで機械の扱いも対処能力も整備士の苦労への感謝も違ってくるのでしょう。

DSC_1290

この日の整備でいちばん大変な作業でるキャタピラーの左右交換。新品に買えるのでは買う、車で言うタイヤのローテーションと同じように左右を入れ替えます。

DSC_1291

DSC_1292

 

珍しい電動工具を見つけました。モーター駆動でグリスオイルを注入するものです。

整備が終わって帰る頃には私の原付が凍り付いてました。つららも出来て冷え切ってます。ワコーズの燃料添加剤を入れておいたので始動には困りませんでした。

DSC_1294

我が社にやってきた新品のKTCツールセット。綺麗すぎてみんなが使おうとしません。DSC_1202

新入社員が入ったみたいにみんな喜んでました。綺麗な工具は場の空気を新鮮にしてくれる不思議な魅力があるように思えます。わくわくが止まりません。

DSC_1201

すっかり暗くなってみんな帰り始める頃にいきなり回り出すエアコンプレッサー。なかなかビックリしました。

DSC_1205

 

デスクワークの必要性が増す時期に限って不調になる私の私物のデスクトップパソコン。自分で組み立ててからもう13年くらいにはなります。今ではスマートフォンのスペックに負けるようになりました。ゲーム用にグラフィックボードも当時としては少しだけ贅沢しましたが、もうゲームはやってません。DSC_1264

 

趣味でお絵かきに使いますが、最新のフォトショップを起動するとメモリの容量が追いつきません。その前に自分が使いこなせないのですが。

この後パワーポイントでデザインの仕事に活躍してもらいました。

機械展示会。ペイローダー冬支度。白鳥たち。

11月の終盤に郡山市で機械展示会が開催されていたので見に行ってきました。

DSC_1218

すっかり多くなった電動刈り払い機やチェーンソー。技術の進歩でバーってリーの容量もどんどん高性能になっています。そのうち小型の発動機を動力とした機械は無くなるのかもしれません。

DSC_1219

 

籾を放出するパイプのところが折りたたみ式になっているのが新鮮でした。

DSC_1221

郡山は会津に比べて暖かいです。転記も悪くないので人がどんどん集まります。

DSC_1222

 

無人運転の機械達。まだまだ完全自立にはほど遠いですが、IT分野の技術の進歩は早いので人手不足の解消になるレベルまではそう遠くないのかもしれません。

DSC_1217

苗箱並べ機。欲しいです。

DSC_1216

DSC_1215

帰りの昼食は熱海市にあるとんかつ屋さんでカツカレーを食べてきました。

DSC_1223

 

仕事の途中で立ち往生したペイローダー。オルタネーターの故障で充電がされてなかったらしく、修理をお願いしても部品の取り寄せに時間がかかりました。

DSC_1225

ようやく動けるようになれば降雪の予報に備えてのタイヤのチェーン張り。原付用のスノーチェーンとは比べものにならないほど大きいです。筋トレに使えそうなくらい重いです。

DSC_1251

四輪とも装着完了。積雪が待ち遠しいです。

DSC_1253

 

 

 

道の駅へのそば粉出荷。年越し蕎麦を自分で打つ人が大量に買っていくそうです。特に新そばシーズンは山のように並べても平日にかかわらずすぐ無くなるほどでした。

DSC_1224

道の駅のレストランに蕎麦納品。農産物コーナーにもパックを並べます。

DSC_1211

落ち穂を食べるのに夢中な白鳥たち。今年は倒伏が多かったので彼らの餌もたくさん落ちてます。DSC_1269

車から降りて近づくと何匹かが警戒してこちらを向きました。なかなか賢い動物です。白鳥たちは見事にぷっくり太ってました。あんなんじゃ帰れなくなっちゃうと思うんですが大丈夫か心配になります。

DSC_1272

寒くなると空気が澄んで遠くのものがくっきり見えるようになります。夕日を浴びる磐梯山が綺麗だったので愛車のバーディーのバックに撮ってみました。

DSC_1265

この後は大寒波到来で会津は激しい降雪と積雪に遇いました。今は一面雪景色です。

 

稲刈り繁忙期を終えてのツーリング。霊山神社、栃木県でレンタルバイク

 

稲刈りの時期も全く休みがなかったという訳ではなく、雨が降り続いて仕事にならないとお休みになる事もしばしばあります。しかしながら稲刈りが終わらないで休むのと、稲刈りが終わってから休むのとでは居心地が大分変わってきます。

バイク趣味にとっていちばん心地よく走れる時期というのは暑くもなく寒くもない春と秋が理想的。しかし稲作の繁忙期というのもそれとまったく重なります。この日も寒風にさいなまれながらも久しぶりに遠出できた喜びをかみしめました。

DSC_1207

福島県伊達市にある霊山神社です。境内での撮影は神域ということで自粛いたしました。

DSC_1208

この日は栃木県の友人と一緒にバイクをレンタルしてツーリング。宇都宮市出発の、山道探検しながら群馬県桐生市に抜けて栃木県の日光市を経由して宇都宮に戻りました。

DSC_1235

DSC_1234

友人が調べておいてくれたそば処でお昼にしました。まるいしというおそば屋さんです。古民家を改装した風情あるお店で、ここまでに至る山道もワインディング好きには魅力的。注文したおそばは五合蕎麦で二人で一緒に食べました。天ぷらはパリパリで歯ごたえもいいし、素材そのものの美味しさをうまく閉じ込めてました。

山道探検では数回通行止めに当たってしまい、そのたびに友人はルートの検索と再設定に苦慮します。DSC_1236

私が乗ったのは緑色のスポーツタイプで、友人は写真右側の丸いライトのやつ。どちらも自動車で言えば軽自動車みたいなグレードなんですが、最近の軽自動車が無kしに比べて高性能になっているのと同じようにバイクもこのクラスの質は向上してます。車両価格も上がってるのは同じですが。

DSC_1237

 

友人と分かれて帰宅の途についたのは夜中20:30過ぎ。wpid-20201222_1356071216115357300426934.jpg

高速を飛ばしていたときは那須高原がいちばん寒かったです。北関東は福島県に比べると暖かいですが、那須高原だけはひんやりしてます。白河市から郡山市までがマシな感じで、トンネルを越えて会津入りした途端に寒さは増しました。

今年中にバイクで楽しく走るには限りある日数を貪ります。

コロナ禍でのそばイベント

DSC_1082

稲刈りが終了して早々に新そばシーズンという事でイベントに追われました。コロナ禍での影響で蕎麦の名所各地ではイベントが中止となる中でこちら会津の蕎麦打ち達は黙っていませんでした。

DSC_1055

道の駅で縮小版そば祭りを開催しました。写真は開催前日に現場でテントの設置位置などを検証している様子です。

DSC_1122

藤川製麺にて蕎麦打ち名人集合。各自で粉ひきしたそば粉を持ち寄り、すべてをまぜこぜにしてたそば粉で蕎麦打ちを行います。

DSC_1124

そば粉のテイスティング。冗談半分です。みんな微妙な違いしかわからず、結局たらいの方に混ぜました。

DSC_1125

集めたそば粉をたらいの中に入れて均一にしている様子です。

DSC_1126

DSC_1128

前日に打った蕎麦を翌日会場に持って行って調理場の設営を行います。

DSC_1129

道の駅あいづ湯川・会津坂下の正面施設の裏の方にて蕎麦の提供を行いました。

DSC_1130

ある程度は予測したつもりでしたが、ピーク時の長蛇の列はなかなか消えることはありませんでした。

DSC_1134

ガスの様子がおかしくて見てみたらプロパンが凍り付いてました。応急処置で流水を当て続けながらそば湯でを続行しました。

DSC_1135

お昼過ぎくらいに前日仕込みの蕎麦を使い切り、やむなくお土産お持ち帰り用の生そばを蕎麦提供の方に回しました。14:00にはすべての蕎麦提供は終了してみんなで片付け撤収作業に入ります。

DSC_1136

すっかり撤収を終えた時の様子。

DSC_1137

全員集合して終わりの挨拶。

DSC_1138

続いてのイベントは会津坂下町蕎麦の陣という、送料を引いたお得な値段で生そばをお届けするサービスです。外出自粛が求められる社会情勢を逆手にとったこの戦略は新奇性もあって新聞にも取り上げられました。

img20201020131116859713

この日も藤川製麺の蕎麦工房にみんなで集まって一斉に蕎麦打ちしました。

DSC_1165

蕎麦打ち名人各自の工房でバラバラに製麺するはずだったのがあまりにも注文数が多くなってみんなで一緒にやろうという事になりました。

DSC_1166

お昼は手配されたお弁当に藤川さん家お手製のお味噌汁とお新香。

DSC_1167

積み上げられた蕎麦箱たち。クロネコヤマトさんに迎えに来てもらうのを待ちわびております。

DSC_1169

この感じ何かに似ていると思えば、年越し蕎麦に追われる大晦日の雰囲気にそっくりでした。

DSC_1170

 

写真に残しておいた蕎麦イベントは蕎麦の陣と縮小版そば祭りのみでしたが、この他にもイベントはいろいろありました。通常の仕事に加えて蕎麦打ちの仕事も掛け持ちでこなしているうちに月が変わって師走入り。このブログを書いてる12月初旬には新そばシーズンの忙しさからやっと解放されました。

DSC_1189

 

蕎麦刈りに使う機械のすみっこに蕎麦が育っておりました。うちが使ってる品種は昔ながらの在来種。なかなかの根性を見せてくれます。

稲刈り終了振り返り。

すでに一月半ほど経ってからになりますがブログにて稲刈り終了の様子をご報告させていただきます。撮りためた写真にて稲刈り後半戦の時期を振り返ります。

DSC_1043

会津若松市の市役所正面の通りに坂下屋という居酒屋さんはばくさくの取引先なのですが、10月頃にテレビに出たらしく、その放映時刻を知らされました。しかしながら仕事が忙しく、録画予約も忘れてすっかり見逃してしまいました。

DSC_1094

稲刈りは続きます。予定では10月中旬には終わるはずだったものがどんどん予定は長引いて終わりが見えませんでした。

DSC_1110

DSC_1113

磐梯山をバックに籾をコンテナに移している様子を一枚撮りました。

DSC_1100

ばくさくに住み着いた猫がこちらを観察してました。

DSC_1095

良く似た猫が畑から観察してました。わざわざ稲刈りの様子を見守りに来てくれたのかもしれません。

DSC_1097

11月に近くなる頃には飯豊山山頂一帯に雪が降ってました。縦走エリアはすっかりおおわれてる筈です。

DSC_1117

ついこの2ヶ月前にはあそこでひいひいしながら歩いていたのが懐かしいです。

DSC_1114

磐梯山はまだ雪が降ってませんでした。

DSC_1098

空気が澄んでくっきり見えます。走ればすぐ行けると錯覚してしまいそうなほど綺麗な景色でした。

DSC_1118

田んぼに捨てられていたバイク用ヘルメット。ガムテープで補修されるほどかなり使い込まれていたご様子。近くで事故って吹っ飛んだとかでなければいいんですが。

DSC_1045

雨で仕事ならない日に休みをもらってツーリング。裏磐梯のセブンイレブンで休憩しました。さすがにこの時期の平日にツーリングするのは自分以外いないようでした。

DSC_1046

籾殻片し。ペイローダー大活躍。

DSC_1047

わが社が誇るいちばんの力持ちです。とある小説によれば、どこぞのテロリストはこれを防弾処置して敵の施設に突っ込むらしいです。日本では逆に警察がテロリストに突撃した過去がありますね。

DSC_1048

ばくさくでいちばんの働き者のフォークリフト。これが無ければ仕事になりません。お米を運搬するトラックに積める作業中の様子です。

DSC_1050

特別栽培コシヒカリ。肥料にそばの残さを使用したものです。

DSC_1051

農協の倉庫に納品する様子です。

DSC_1066

トラックは日野レンジャー4トン。一昔前は普通免許取得4年経過で自動的に8トン以下の免許が取れました。その半分のグレードでさえ、私は慣れるのに2年を要しました。

DSC_1067

忙しい時期だからこそ、グルメは大切です。私的ソウルフード、キッチントヨボのオムライスカレーです。DSC_1068

ソ連から来日した婦人からもらったヨーグルト菌を育てて35年くらいになるらしいヨーグルト。これはカスピ海を越えてます。DSC_1069

DSC_1070

続いては小綿家の焼き肉定食。すき焼き用のお肉を贅沢に使用してます。DSC_1073

倒伏に悩まされながらも2台体制で果敢に進める稲刈りの様子です。

DSC_1049 DSC_1058 DSC_1062

ナイター稲刈り。
DSC_1063 DSC_1064

稲刈りが終わらないまま、秋の蕎麦イベントが迫ります。

DSC_1055 DSC_1088

紅葉に染まる磐梯山に夕陽が当たってさらにピンク色に色づいてました。
DSC_1087 DSC_1120

稲刈りの時期の写真データはここで途絶えました。

この後は最後の籾摺りや米運びや後片付け、機械整備が続き、やっと落ち着いたと思ったら新蕎麦シーズンに入っててんやわんやのハードな内容に追われました。

稲刈りは終わらない

稲刈り開始以来、ブログ更新が滞ってました。今回は撮りためた写真で稲刈りの様子を振り返ります。DSC_1021

稲刈りを開始した9月中旬はまだ暑かったのですが下旬には家の扇風機も使うことがないほど寒くなりました。今では朝方と晩方では防寒着を着ながらでないと寒さを感じるようになりました。

DSC_1060稲刈りは二代体制で進行してます。写真は稲刈り前の整備の様子。泥やゴミを落としてチェーンやカッターの部分に油を挿します。

DSC_1049 DSC_1057 DSC_1008 DSC_1016 DSC_1014 DSC_1020

10月の下旬に差し掛かった今になると、もう日没も早くなりました。すっかり日が暮れてライトを頼りに作業をすることもあります。DSC_1062 DSC_1063 DSC_1064 DSC_1022 DSC_1027

本社にコンバインを移送完了した頃にはもう真っ暗です。

DSC_0962

本社の乾燥機と籾すり作業の現場の様子です。

DSC_0984

写真は籾すり機のローラー交換の様子。すり減ったローラーを新品に交換します。

DSC_0985

DSC_0986

使用済みローラーと新品を比較してみました。

DSC_0987

交換完了。

DSC_0963

たまりにたまった玄米の詰まったフレコンたち。農協の倉庫に納品待ち。土日祝日になると出荷出来ないのでその間にできあがったフレコンがぎゅうぎゅう積みいなります。

DSC_0971

DSC_1010DSC_0992

フレコンの出荷は4トントラックにて行います。念のためロープで補強します。

DSC_0961

9月のシルバーウィーク。本社からまる見えの磐越自動車道からはやたら元気な排気音がまる聞こえです。やんちゃする車やバイクが走っているとすぐにわかります。観光業への刺激策の恩恵で外出する人たちが増加するのに比例してか交通事故の件数も増加している様子。旅行が楽しいのは解りますが浮かれることなく安全意識を高めて節度ある運転に努めてもらいたいものです。

DSC_0959DSC_0956

 

乾燥室で見かけた蛾と我が家の花壇でランチをしていた蝶蝶です。

DSC_0957

読書の秋ということですが、私は読書量を積むこともなく7月にコンビニで見かけた哲学の教養書にかじりついてもう三ヶ月過ぎてしまいました。まだまだこの本を九州することなく消化を続けています。

 

稲刈りで忙しくても蕎麦打ちの注文は絶えません。

DSC_0968

DSC_0989

蕎麦打ちの役得。余った蕎麦は自家消費します。DSC_0970

 

下の写真は会津地方が雨により稲刈りできず、籾すりも無かったので母の希望でダリア園に行ってきた様子です。

DSC_0997DSC_0999DSC_1000DSC_1001DSC_1005ブログ用にと思って写真を撮っていると母からたしなめられました。

稲刈りはまだまだ続きます。DSC_1024

1 / 2112345...1020...最後 »

最近の投稿

このページの先頭へ