〒969-6576 福島県河沼郡会津坂下町大字牛川寿ノ宮1905 TEL:0242-85-8861

会津坂下町でお米やそば粉を生産・販売|若宮ばくさく

トップページ > スタッフブログ

大内宿雪まつり。松明マラソンに参加。途中で八幡のケヤキを慰問。

2月8日。私が秋田県から帰って翌日には大内宿での雪まつりで松明を持って走るイベントへの参加が控えてました。大内宿の公民館に17:30集合とのことでしたが、毎年のように道路は観光客の車で過密状態になるとの事だったので事前に余裕を持って向かいました。

湯野上温泉からの道路は混むとのことで、下郷からの回り道をたどって行きます。DSC_0047

その道の途中には樹齢1000年に迫るケヤキの大木があることで有名です。電線に干渉する木の枝は保全の為に処理されるものですが、歴史的価値のあるこの木の場合は話が違うようです。

DSC_0048

近くで見上げると普通では無い風格を感じます。グラマーな幹から生えるたくましい枝の生え方に何か勢いのようなものを見いだせる気がします。西洋美術の専門家なら長さとか角度とかを数式でこねくり回して黄金比みたいなものを導き出すんじゃ無いでしょうかと思います。

大内宿に到着。事前に聞かされたほどの渋滞は見かけず、道路はすっきりしてます。しかし駐車場に近づくと車を止める場所なんて見当たらないほどの混み具合でした。
DSC_0049

駐車場係さんにことわって村の中に車を乗り入れてもらえました。公民館近隣の駐車スペースに停めてから少しだけ街道を見学します。

DSC_0050DSC_0051 DSC_0052

海外からの旅行客もかなり目立ちます。地元の蕎麦の里が海外でも認知されているというのはうれしいです。

この後は私自身が松明マラソンに参加したのでその様子を映すことができなくて、イベントの様子は文面でお伝えするしかありません。

公民館に入ってふんどしの着付けを手伝ってもらうまで、地元参加者の中に突然入り込んだ部外者の私はアウェーな気分を味わいました。本来、この松明マラソンにはサラシと短パン姿での参加が公式的なものですが、一部のふんどし愛好家だけがふんどし姿で参加するということでわたしはふんどし組に交じって走ってきました。

準備を終えて近くの神社に向かいます。今年の俵引きは寒さが物足りなく思いましたが、この日は雪が積もっていてなかなか寒かったです。しかし柳津の裸詣りと俵引きと経験値を積んだことで体が寒さに耐性を持ってしまったのか、生まれて初めて俵引きに参加したときのような身の危険を感じるほどの寒さでは無かったです。

参加者はみんなで神社でお祓いを受けます。お祓いの間、街道から賑やかな歌声がよく聞こえました。実況の声も丸わかりで、松明マラソンのことを告知している様子もよく聞こえました。参加者は松明を持って火をつけて整列。スタートしたら「わっせわっせ」のかけ声を全員で発声しながら街道を走り巡りました。

観客からはさぞ寒そうに見えたことでしょうが、松明の火がなかなか熱くてしかもなかなかのペースで走るものですから快適です。強いて言えばきつく閉めすぎたサラシのせいで飲み物が喉まで逆流するのと、痰が喉に絡むことに悩まされたくらいでした。

街道を走り終えるとみんなでステージに上がって一礼し、用意されたかがり火を松明で灯します。それを会津に花火が打ち上げられ、松明ランナーは役目を終えて公民館へ戻ります。ふんどし愛好家達は着替える前にみんなで記念撮影。このとき自分の携帯も渡しておくべきでした。みんなで肩を組んで花火をバックに集合写真を撮りました。

DSC_0053

みんな着替え終わると打ち上げ会の準備。テーブルを並べてオードブルとお酒を配置しみんなで乾杯。私は呑まずに帰る予定でしたが、私の実家がすぐ近くだと言うことを知ったふんどし愛好会の人が送ってくれるというので結局私も混ざりました。

DSC_0054

この翌日、私は体調を崩して寝込みました。本当なら道の駅で蕎麦振る舞いをしていたのですが、わたしだけ休ませてもらいました。

さらに翌日は約一週間ぶりの蕎麦道場通いを再開。秋田県への研修と大内宿の雪まつりと体調不良といろいろ重なってだいぶ日にちを空けてしまいました。この日も道場の蕎麦打ちを終えるといつもの犬の散歩。ハスキーの端くれらしく、雪でハナのテンションは高まってました。元気よくはしゃぐのはいいのですが、こっちが保ちません。

DSC_0057 DSC_0058

秋田出張。ユースパルあきたユースホテルにて農作業安全基礎研修会を受講。

一月は俵引きがあったり七日堂裸参りに参加したり新年会がたくさんあったりとなかなか濃い内容で飛ぶように過ぎてしまいました。道の駅での蕎麦振る舞いを挟んで二月に入って、いよいよ秋田へ出張の日が来ました。

Screenshot_20200212-132514

新年に入ってからろくに会津から離れることも無かったところに急遽遠出することになって、仕事だとは意識しつつやはり気持ちが高ぶるのもありまして、遠足を楽しみに待ち受ける児童の心理に戻った気がしました。

さっそく出発した2月5日の午前中の頃、私の性格としてやはりまっすぐ進むはずも無くいろいろ気になっていた山道を探検しながら車をはしらせておりました。

DSC_0001

北へ北へと進むうちに雪も深くなります。今の今まで積雪を見ること無く過ごしていたのが嘘のように路面はなかなかの冠雪の具合で、新品の冬タイヤで走っても安全とは思えないような滑りやすさにさいなまれました。別に近道として入り込んだ訳では無い山道ですが、時速30キロ以下で路面の凍結の具合を探るように進むのが延々と続くとさすがに入るんじゃ無かったと後悔しました。

DSC_0002 DSC_0003

暗くなる頃には山形県の鶴岡市も抜けて秋田県入りしたのですが吹雪は深くなり、すぐ近くで雷まで鳴り響く悪化ぶりを見せました。帰宅ラッシュにはまってノロノロ運転を我慢していたらそのうち動かなくなり40分ほどして警察車両がサイレンと瞬かせながら対向車線を逆走、そしてさらに40分くらいして渋滞はやっと動き始めました。車列が進むうちに見えてきたのは案の定のスリップ事故による事故現場。全面をえぐらせてガードレールに乗り上げたハイエースの光景が痛ましかったです。さらに進むと今度は渋滞で発生した追突事故の現場も見ました。

夜中にやっと宿泊先に到着。

DSC_0005

ユースパルあきたユースホテルというこの施設は青少年の教育と交流を目的としたものらしく、この手の青少年の交流・学習を目的とした宿泊施設はほとんどの都道府県に一件ずつ分布しているようです。

DSC_0013

予約したときから、私の地元にある少年自然の家みたいなものを期待してましたが、もっとホテルとして充実した施設でした。

DSC_0006DSC_0007

シングル扱いの四人部屋。室内はお風呂とトイレを公共のものを使うという考えで割り切ったことで室内はかなり広々で快適。

DSC_0036

研修一日目の朝。外はすっかり銀世界。

DSC_0010

朝起きに一人でコーヒータイム。

DSC_0027

駐車場に行くと私の車もすっかり凍ってました。

DSC_0031 DSC_0020

2月6日。研修一日目はトラクターを主とした重機の取り扱いに関する安全講習。講師およびスポンサーはヤンマー。講習の内容は最初は本当に誰にでもわかるような基礎中の基礎から始まります。そこからどんどんレベルを上げて認知度の薄いうっかりしがちなところを実際の事故の実例を交えて紹介され、それを理論的に分析して注意箇所を絞ってわかりやすくまとめます。とてもよくできた内容だと思いました。

DSC_0022

お昼を挟んで午後からは多目的ホールみたいなところで実際に現物を教材にして講習会は続きます。まずは基礎的な整備箇所の紹介。

DSC_0023 DSC_0017 DSC_0018

最後は最後はトラクターの横転事故の模擬体験を目的とした乗り物に乗りました。開催場所の天井の高さの都合があって、もっと怖いことができるみたいなのですが、今回は30度バンクまで傾ける機能に限定してありました。DSC_0024DSC_0030

写真にある通り、トラクターが15度傾いたら比較的危険なレベル。そして30度付近になったら本当に危ないということを身をもって経験します。

DSC_0029

この機械は地元である秋田県での機械展示会でもアトラクションを兼ねて設置されているそうです。

DSC_0014 DSC_0015

研修で使う物資の搬入搬出に使うためだと思いますが、出入り口近くでフォークリフト発見。タイヤが白いのが気になりました。

DSC_0032

夕食は外食。マップで探しても居酒屋さんとかどこにでもあるチェーン店ばかりでなかなか夜営業のお店が見つからないところ、一件だけ良さそうなところを発見。大盛り海鮮丼頂きました。


DSC_0033口コミにもあった鯖のみそ煮も追加。口溶けがよくて大変満足しました。

DSC_0035

食べ終わった頃には帰宅ラッシュがすっかり治まって閑散としてました。写真に写ってるのは道の駅あきた港の展望台です。店内のお店が閉まってもエレベーターだけは動いているみたいでした。

DSC_0037

2月7日。研修二日目のスポンサーは丸山製機さんでした。草刈り機や管理機の基礎構造や整備、安全講習を習いました。午前は主に座学、午後に実地学習します。ちなみに写真に写っているヘルメットのロゴはオフロードバイクのブランドとしても認知度が高いハスクバーナというメーカーです。丸山製機のスタッフさんの私物らしく、お話を聞くとハスクバーナは地元スウェーデンではチェーンソーなどの農林機械メーカーとして大手な存在らしいです。モーターサイクルはその事業のほんの一部で、同じ農業機械メーカーとしての横の繋がりで丸山製機のスタッフさんはハスクバーナと接触する機会があったらしいです。

DSC_0038 DSC_0039

実地学習は草刈り機と管理機を使用します。基礎的な取り扱いやメンテナンス、あまり知られてないけど推奨している細かいチェックポイントなどを教わりました。  DSC_0025 DSC_0026

DSC_0040

電動刈り払い機に触る機会もありました。かなり静かで動いてるのかもわからないほどでした。バッテリーの技術革新が活発で、製品化してもすぐにもっと安くて長持ちするバッテリーができあがるというのがパソコンのメモリー関連と同じだと思いました。

DSC_0060

DSC_0042

16:00に研修終了。翌日に予定を控えていたので、急いで帰ることになりました。秋田市での帰宅ラッシュの混雑は会津坂下町の比ではありません。渋滞に巻き込まれる前にお土産を買い終えてさっさと脱出します。DSC_0043

来るときは日本海側沿いに走りましたが、帰りは内陸の方を走って有料道路を積極的に使うコースを選びました。道はスマフォのグーグルナビに任せて自分は何も考えず夜道の中を進むだけでした。ずっと高速道路を走り続けるだろうなと思っていたのがそうでは無く、有料道路を降りたり走ったりを何回か繰り返していてよくわからないところを走っていました。バイクで走りに来たのを覚えている場所にたどり着いた頃には山形県の米沢市。その時点で時刻は深夜22:00を回ってました。 Screenshot_20200207-231731

画像には走行時間4時間59分とありますが、実際は16:00出発の22:40着なので、休憩を含めて6時間40分の行程でした。

アスパラ栽培。蕎麦打ち修行。蕎麦振る舞い。そして、犬の散歩。

冬の温室アスパラの様子。ぼちぼち生えてきたので1月中旬あたりから道の駅あいづ湯川・会津坂下に出荷しております。ホワイトアスパラも栽培してましたが、今年は中止しました。

DSC_19302 DSC_19312 wpid-img_20200124_082053710333525.jpg

1/26日も道の駅で蕎麦振る舞い開催しました。たくさんの来客もあって、お昼を回って少ししたらもう完売。いままでの蕎麦振る舞いの中でも終了時刻は新記録です。

DSC_0456

DSC_0458DSC_0459

この日は天気がよくて、磐梯山がくっきり見えて写真を撮るお客様を何人か見かけました。DSC_0450

農閑期でお仕事は主にデスクワークやってますが、大きなデスクトップは事務のすみえさんが使っているので、私と父がノートパソコンを取り合ってる状態です。そして問題になるのが文字入力なのですが、父は日本語入力でわたしはローマ字入力。私がノートパソコンを使うときは文字入力の設定をいちいち変更する手間が発生します。多分父も同じでしょう。

DSC_0453

加藤蕎麦道場加藤蕎麦道場ではその日の注文分を打ち終えると私が練習用の蕎麦を打ち、お昼になればみんなで蕎麦を食べるということがよくあります。回数は師範の気分に寄りますが週に二回以上はやっている気がします。終わればすべての片付けを私が任されるので、ちょっと大変です。

DSC_0454

 

蕎麦道場の師範がつくるかけ汁。師範には、蕎麦に合うのは鶏肉だけだとの思想があって、鶏ガラを必ず使います。他の具はゴボウとネギだけ。あとは新潟県の醤油工場から取り寄せた特選のめんつゆで味付けしてじっくり煮込みます。

DSC_0449

蕎麦道場の仕事が終われば時々私の兄貴分にお昼をおごってもらうこともよくあります。写真は坂下の町中で有名なラーメン屋さんの空山です。

DSC_0445

蕎麦修行の後は犬の散歩。珍しく雪が残ってて、ハナは雪を食べながら歩きます。

DSC_0446

犬の散歩。道の駅そば振る舞い

農閑期の今の時期、私はほぼ毎日蕎麦道場でお手伝いと練習を重ねております。道場の仕事を終えるのがだいたいお昼近く。帰る前には犬の散歩をしてあげます。

DSC_0431

加藤蕎麦道場で飼われている雌犬で、名前はハナと言います。ハスキー犬の母と得体の知れない雑種とが交配してしまい、ブリーダーはハナを処分するつもりだったのを蕎麦道場の師範の奥さんが引き取って来たと聞きます。

DSC_0419 DSC_0420

犬ぞり用の犬種のはしくれらしく、引っ張る力はかなり強いです。この日は雪が無いと言うことで通常の積雪では入り込めないりんご園の奥を探検してみました。

DSC_0421 DSC_0423

映っている川は只見川です。

DSC_0427

帰るときになるとこんなふうにお見送りしてくれます。

DSC_0441

この日の散歩の結果、靴は泥だらけになりました。

DSC_0429

午後には会社の事務所に戻り、デスクワーク。いっぷく休憩にはみんなで鏡餅を食べました。

DSC_0430

半ばフライ状態、半ばとろとろになった鏡餅を海苔に巻いて食べます。

 

DSC_0432

先日の日曜日は道の駅あいづ湯川・会津坂下にて蕎麦の試食販売を開始。

DSC_0433

気温に恵まれて、そば茹で班は凍えながら仕事をするというつらさとは無縁でした。

DSC_0434

お天気も上々。客足は11:00くらいから一気に増えました。駐車場も第二へと向かう車が目立ち、商品の回転も速まります。

DSC_0436

売り出す生そばも残り一パックのところで撤収開始。13:30には解散。

DSC_0437

DSC_0438

この日の食事も蕎麦。道の駅で蕎麦を茹で、帰ってきても夕食に蕎麦を茹でました。

DSC_0439 DSC_0440

蕎麦づくしの一日でした。

 

坂下初市、俵引き。その一週間前の七日堂裸参り

まずは1/7柳津で行われた七日堂裸参りに参加してきた様子です。wpid-15790671863901273308727.jpg写真は、左が私。真ん中が小綿屋のオーナー(私と同い年)。右が加藤蕎麦道場のナンバー2。祭りでは、ふんどし一丁になって夜中8:30に七日堂目指して裸足で走ります。長い階段を上って手水のところで全身浴します。身を清めたら本堂に入ってみんなでわちゃわちゃしながら鐘つきの綱をよじ登ります。観光の案内などでは我先に争うイメージがありますが、そんなことはなくて水面下の連携プレーがありました。先に登って上から引っ張り上げる人がいたり、下の方では綱を安定させて登るのを助けたり。

入れ墨やカメラ持ち込みなどは禁じられており、祭事の様子をお伝えしようにも撮影することが出来ず、こうして文章のみで語っております。私も登ったのですが、綱がちょうど鐘を打つところで太くなっていてしかもヌルヌル滑って私の握力が無力化されてしまい、力尽きてしまい綱を伝って滑り落ちてしまいました。来年こそは肉体を鍛え直して再度チャレンジする予定です。DSC_0391お祭りの案内では町営の温泉から出発とありましたが、本来は一カ所に限らず、町内の旅館や温泉などいろんな所から出発するものらしいです。私たちはすゞや食堂というところから出発しました。お祭りから帰って来たら近くの温泉に入って食堂で着替えてみんなで打ち上げです。DSC_0402カツ丼が特に美味しくて、加藤蕎麦道場の兄貴と一緒に後日にまたお邪魔してご馳走になりました。
DSC_0403DSC_0404加藤の兄貴と改めてお参りしてきました。この後日のはいよいよ地元会津坂下町の大俵引きが控えていたので、誠伸を引き締めました。DSC_0405DSC_0411会津坂下町初市大俵引き当日。商工会青年部、そのOB、地元祭事に積極的に参加してくれる議員さんと集合写真を撮りました。IMG_1174 参加中の撮影は事務のすみえさんにお願いして撮ってもらいました。IMG_1178 今気づきましたが、目の前でカメラを向けられてます。テレビを見ていた母が言うには、私が映った様子が何度も放送されていたらしいです。IMG_1182こちらは父です。ミニ俵を投げていたそうです。DSC_0413俵引きの謝礼には町営温泉の入浴券と小綿屋さんの豚汁券がありました。希望者のみで公民館の外で待っているバスに乗って町営温泉、糸桜里の湯へ向かいます。DSC_0414男湯の入り口で撮影。すぐ背後にマッサージチェアがあり、200円で15分。湯上がりに使用してみたら見事に眠ってしまいました。DSC_0416温泉から戻ったら小綿屋で豚汁。オーナーさんの厚意に甘えてジンジャーエールをラッパ飲み。

この後は石山食堂で俵引き参加者や坂下こまち、町長、町の議長やなんだかんだ言ってそれなりのポストにある父も交えて初市の打ち上げ。私は先輩たちに囲まれて酒飲みの特訓の面倒を見てもらいました。

今年の俵引きは暖冬の影響で寒さも身の危険を感じるほどでもなく、物足りなさを感じました。いつもつらいほど寒くて、時間が過ぎるのが遅く感じていたのに、今回はあっという間にサクサクと終わってしまって物足りなさを感じます。これでなんとか新年会やお祭りや初詣やらと一月の忙しい時期も一通りこなすことができました。一息ついてゆっくりしてみたい心境です。

引き続き、大内宿の雪まつりでふんどし姿で松明を持って走るイベントに参加しようと思うのですが、雪が無くて今年の雪まつりは中止の可能性が高いそうです。

スノボを始めるにも練習場所にしていた三ノ倉スキー場も金山スキー場も閉鎖状況が続き、表磐梯のアルツや猪苗代スキー場が一部開放。この状態に対して裏磐梯では猫魔スキー場全面開放。一見、行くべきは裏磐梯と思われますが、過密が怖い。今のうちにできること、遊べることを満喫して充実した農閑期にしたいと思います。

 

年賀イラスト制作。クラシックカーのロータス、イレブン描きました。

eleven.newywar 年賀イラスト制作しました。干支がネズミというわけで、趣味のクラシックカーのカラーリングをねずみ色にしてゼッケンナンバー20を二つという、どう思い返しても無理があるこじつけに終わりました。車両はイギリスのロータスというF1の世界でも歴史あるメーカーと言うかコンストラクターの競技車両を採用しました。イギリスのナショナルカラーは深緑で、今回模写するのにグーグルの画像検索で拾ってきた写真も本当は深緑色でした。いつの間にか新型が出ていたんですね。

今現在、お正月から二週間近くが過ぎようとしてますが、私が修行に行ってる加藤蕎麦道場でもやっとこれから年賀状作りが始まるみたいです。蕎麦打ちはみんな年を越してから年賀状を作るものなのかもしれません。実際、蕎麦打ちは年末のみばかりが忙しいわけではなく、12月後半になったらいろいろ準備したりお手伝いしてくれる人を確保したり注文数を確認したり伝票とか細々したものに加えて精神的にも落ち着かなくて、とても年賀状を悠長に作っていられる状況ではありません。

コンバイン合同整備(クリスマス)

農協で行われる稲刈り機の合同整備に参加してきました。クボタの整備士さん達と農協SSの整備士さん達のサポートを受けながら自分達で消耗品交換や清掃などメンテ作業を行います。伝統的な集合スタイル。灯油ストーブを囲んで、円卓の騎士ならぬ、角卓の整備士の図。天気は上々。雨も降雪も無いので整備場にこもる事もなく、外のスペースを友好的に使えていい条件でした。お昼は雪花の出前で煮込みソースカツ丼を頂きました。あのお店秘伝の甘口ソースは相変わらず悪魔の味です。聖杯には緑茶が入ってます。

キャタピラーのところで何やらてこずってる様子です。

整備作業は完全に終わらせることを目的としているわけではなく、1日だけオーナーが自分の手で、整備士のサポートを受けながらできるところまで作業することで機械作業の技術を身につけるというものでした。途中まで整備を進めたら、あとは整備士さん達が後日から続きをやってくれるみたいです。

普段手を入れることがない深いところまで分解できて中身がどうなっているかを見て触ってができて、かなり勉強になりました。

年越し蕎麦打ち

去年の年越し蕎麦打ちも大変でした。事前にインフルエンザの予防接種を受けておいたのですが、かえって体調を崩してしまい、調子を取り戻すのに二週間くらいを要しました。年越しが近くになるにつれあちこちで準備が始まります。このときも加藤蕎麦道場で年越し蕎麦打ちの準備作業をお手伝い。大掃除をしたので身体中そば粉まみれになりました。お手伝いを頑張ったということでお昼を頂きました。近場の食堂でカツカレーを食す。

翌日は蕎麦打ち台の高さなどを吟味してためし打ち。そのままお昼には試食を名目としたそば会。天ぷら揃えてかけ汁作って食べる人召集。

写真には撮ってませんが、家でも年越し蕎麦打ちの準備して29日、30日と蕎麦打ちに励みました。最終日31日には家のを早めに切り上げて私は加藤蕎麦道場に合流。ぎゅうぎゅう詰めの道場内で連日の披露を引きずりながらひたすら蕎麦打ち。

やっとの事で終わったら蕎麦道場のボスに誘われて近場の温泉で洲走りの湯に行きました。

いつも通りすぎるだけでここに入るのは初めてでしたが、いい意味で古びていて、しかも地元密着で近場のお客さんがどんどん集まるお店でした。親戚が集まって自宅の風呂場では間に合わない家庭の需要を担っているのかもしれません。隠れ湯のなにふさわしい落ち着いた印象が似合う温泉でした。

母を連れて霊山神社へお参り

DSC_0213 道の駅磐梯に寄って昼食。この日は休みをもらったので母とドライブに出かけました。写真は黒酢ラーメン。独自色ある意欲作だと思います。完成度もすばらしい。ピリ辛コク味噌とニラの相性は抜群なところに黒酢の酸味が違和感なく交わってます。ただの酢を加えただけではこうはならないでしょう。黒酢ならではの味噌との相性の良さなのでしょうか。DSC_0214 駐車場から見る磐梯山。このとき12/02。まだ山は白くなってません。DSC_0215 下道をひた走って霊山到着。私がバイクでよく通る道を走ったら母から不評もらいました。「こんな道喜んで走ってたら彼女できても嫌われるよ」の連発。DSC_0216 母子でお参り。本殿の奥にも稲荷神社があるのですが、母は本殿で満足したようです。DSC_0217 この日の前日の日曜日には神社の冬支度で人がいっぱいいて賑やかだったと聞いたのですが、この日は社務所にいる神職の人がいるだけで静かでした。DSC_0218 散った枯れ葉の多さからして紅葉シーズンはとても見応えのあるものだっただろうとお見受けしました。DSC_0222 帰りに牧場のジャーニーでソフトクリーム。アイスクリームは持ち帰りできますが、ソフトクリームはここだけなので選択肢はひとつしかありません。DSC_0223 濃厚クリーミー、甘さも味覚だけに訴えるものではなく体全体に優しい感じがします。北海道でもここまでおいしいのは無かったように記憶してます。DSC_0224帰り道は高速道路。写真は休憩に寄った安達太良SA。この日の行程は11:30発、道の駅磐梯で食事が12:00、道の駅つちゆでトイレ、霊山神社着が14:15、二本松から東北道に乗って安達太良SAが16:10、磐越道を走って帰宅完了が17:05でした。

機械たちの冬ごもり

東北の積雪事情で機械達は屋内に避難させなければなりません。トラクターその他重機を機械倉庫とビニールハウスに収納します。DSC_0232 先にビニールハウスの方に重機を片付けていると、すでに内部に先客が住み着いてました。人間慣れが進んでるみたいで、眠そうな目をこちらにむけるだけで逃げようとしません。いたずらにちょっかいを出す気もないし、写真撮らせてもらっただけであとはそっとしてあげました。DSC_0231 DSC_0233 DSC_0234 農業というのは機械化された恩恵で大量生産できる強みはありがたいですが、作業内容の様々な分野でそれぞれに必要となる機械が違うという制約上、一年で短期間しか使わない機械をいくつもいくつも揃えることになります。そうなると機械の収納スペースに広い敷地が必要になるということで、一次産業としての農業はパソコンさえあればどうにかなるって在宅勤務もできるようなIT産業とは対極的な、ハードありきの産業なんだなーとおもいます。DSC_0235 DSC_0236 センチ単位で調整して機械類を倉庫の中に押し込みます。DSC_0238 夕方暗くなる頃にはトラクターを入れて終了。DSC_0237ちゃっかり私の大型バイクも冬眠させてもらってます。時々エンジンを回してあげに来なくてはなりませんが。うちのバイクもここなら話し相手に困らないで寂しくはないはずです。

2 / 1912345...10...最後 »

最近の投稿

このページの先頭へ