〒969-6576 福島県河沼郡会津坂下町大字牛川寿ノ宮1905 TEL:0242-85-8861

会津坂下町でお米やそば粉を生産・販売|若宮ばくさく

トップページ > スタッフブログ

田植え終了。除草剤撒き。

また今年も坂下町でビリけつとなりました。田植えが終わるまでの終盤戦を写真で振り返ります。

毎年恒例、田んぼを見回すと苗が植わっている田んぼばかりでその中にポツンと代掻きさえ終わっていないまま取り残された圃場が散見されます。それがばくさくの田んぼです。いつ終わるんだいつ終わるんだと笑われる事にも慣れました。

そんな忙しい田んぼ仕事の中でもそば打ちの仕事は抜かりありません。

 

DSC_0296

気を付けてはいたつもりですがまたやってしまいました。ハローの刃の固定が緩んだまま代掻きを続けてしまったせいで付け根が歯槽膿漏を起こしました。要修理案件発生です。

DSC_0298

代掻き中にもバードウォッチングは欠かせません。サギのストーカー被害は稲作農家にとっての風物詩です。

DSC_0305 DSC_0309 DSC_0310

以下は繁忙期のグルメ記録。

呑み処まるいしのソースカツ定食。どのレベルの肉体労働者を想定したものか、幸せな食事ができたのはカツの三分の一ほどで、それ以降は闘いとなりました。

DSC_0306

続いてキッチントヨボのミートソーススパゲティーとオムカレー。ここのオムカレーは最高です。

 

DSC_0308DSC_0313

田植えの終了を見届けることなく、私は除草剤散布に奔走します。田んぼ道の遊撃手、原付(バーディー50)が大活躍します。

DSC_0315

 

畔の上に自生した大根発見。

DSC_0326

バーディーのリアキャリアにマウントした液状除草剤がミサイルランチャーみたいに見えたので撮りました。

DSC_0327

長物の入れ場所には外見に構っている暇はありません。

DSC_0332

田んぼの水管理と除草剤散布を同時進行。なかなか頭脳プレーを要求されます。

DSC_0334

気が付けば6月入り。福島県の中通りではすでに積乱雲が発生するようになりました。夏に入りはじめの知らせです。

DSC_0335DSC_0311

田んぼにザリガニ発見。

DSC_0339

水路に水がなかなか回らない田んぼの乾き具合が危機的状況になったので排水路をせき止めてポンプアップしました。

DSC_0374 DSC_0373

 

田植えを終え、除草剤散布もひと段落。お次は草刈りです。ウイングモアの整備を行います。

エンジンオイル交換。

DSC_0378

使ってたら刃を固定する箇所を破損。パーツを取り寄せて修理。ついでに刃も交換しました。

DSC_0380 DSC_0383 DSC_0385 DSC_0386

映画「ターミネーター」のラストに出てくる砂嵐みたいな積乱雲が遠くに見えます。

DSC_0377

6月の時点ですでに真夏とも思える暑さが続きます。今年の草刈りもまた酷暑の中の苦行となりそうです。

 

田植え終わらず。

6月入り秒読みに入りました。気分はゴールデンウィーク明けのままです。もう曜日の感覚も無くなりました。

DSC_0295

田植えの進行とは別に、バイクの修理も進めてます。マフラーのサイレンサーのケースというかボディーを業者さんに依頼して作ってもらいました。

DSC_0216

転倒を繰り返してすっかりズタズタ。寸法を測って業者さん(SSPfactory)にオーダーメイドしてもらいます。

DSC_0217

出来上がったものは3週間以上経ってから届きました。これで12000円です。

DSC_0299

すばらしい溶接だと思います。

DSC_0300

さっそく取付。あとは車体に付けるだけ。

DSC_0302

田植えのほうも続行。

DSC_0275

写真は父です。

DSC_0276

代掻きではサギのストーカー被害を楽しみます。

DSC_0277

こちらはペンギンにそっくりなサギか何か。

DSC_0292

仕事を終えた夕方は原付に乗って田んぼの水見。

DSC_0280

生蕎麦の注文もこなします。

DSC_0281

カエルの卵発見。

DSC_0284

天気がよくても悪くても田植えは続きます。

DSC_0285

DSC_0286

こちらは小学生の田植え体験の為に溝引き。

DSC_0294

田植えは終わらず。6月入りが確定しました。

DSC_0291

サギに見守れながら田植えは続きます。

DSC_0293

田植え

 

写真は三月下旬から始まります。

DSC_0158

田んぼの整備で侵入口を作り直してます。

DSC_0159

DSC_0160

農業は作業の80パーセントが土木工事。重機があるのと無いのとではだいぶ違ってきます。

DSC_0161

 

ホームセンターで買ってきた一リットルのガソリン携行缶。ガソリンスタンドで給油をお願いしたら断られました。空気穴が無いものは給油してはいけないそうです。

DSC_0162

福島県のプレミア米である福笑いの種もみです。

DSC_0169

4月上旬の磐梯山はまだ雪がありました。

DSC_0178

DSC_0165

神社では桜が咲きはじめてました。

DSC_0180

まだ寒い中、力仕事をすると防寒着が邪魔になります。かといって何もしてないと寒くなります。

DSC_0181

DSC_0185

四月中旬の晴天。飯豊山が真っ白に光ってるようで綺麗でした。

DSC_0186

DSC_0208

南会津にある母方の実家の畑仕事。トラクターのバッテリーがすっかり放電しつくされていたので外部バッテリーで始動。

DSC_0192

DSC_0193

家の裏の畑を除草しました。

種まき開始。

DSC_0202

DSC_0241

ゴールデンウィークを目の前にした時点で吾妻山も磐梯山もすっかり雪解けしました。この時はゴールドラインスカイラインも開通済み。走りに行きたいけど行けないもどかしさをかみしめます。

 

DSC_0196DSC_0197

今度は家の裏の畑を耕しました。母の家庭菜園です。

DSC_0243

ゴールデンウィーク真っ盛りの日は村の行事で道路工事。私はロードローラーを任されました。

DSC_0255

ゴールデンウィーク後の磐梯山。すっかり雪がありません。

DSC_0256

飯豊山はあいかわらず真っ白です。

DSC_0260

代掻きをしてるとサギにストーカーされました。

DSC_0266

掘り起こされた土からミミズなどのエサを取って食べているようです。

DSC_0267

雨の中の田植え。

天気を選んでる余裕はありません。

DSC_0272

DSC_0274

田植えはまだまだ続きます。安全第一で事故もケガなく気を付けて作業します。

DSC_0270

自宅パソコン復旧クロニクル

自作してからかれこれ15年になるデスクトップがついに致命的なエラーを頻発するようになったので、パーツを更新しました。

家族からは、もう新品にしたらと言われます。しかしながらお金を節約したいし、まだまだ使える部分があるのに全部捨ててしまうなんてもったいないとの未練があったので、一昔前の高級パーツをヤフオクで格安で手に入れて組みなおしました。

wpid-dsc_01742530686667461643852.jpg

DSC_0050

DDR2という時代遅れのメインメモリはふつうだと1スロット2ギガが限度なのですが、一部のマザーボードでは8ギガまで対応できる機種があるらしくネットで慎重に調べながら揃えました。今のところ4ギガを四つ取付で16ギガバイトの処理能力を持たせてます。しかし肝心のCPUはAMDのソケットAM2で2.8ギガヘルツではメインメモリのキャパを使いこなせません。そのうちCPUも更新予定として保留にしてますが、そこまでやるとまたOSのインストールやり直しとかで手間がかかるだろうなと考えると気が進みません。wpid-dsc_01733813734132071474138.jpg

とりあえす、ビデオカード(グラフィックボード)を大型のものに変更します。従来のケースには入りきらないので、ケースも中古でゲームパソコン用の大型のものに引っ越ししました。

wpid-dsc_01823972153020155341939.jpg

これまた中古で格安で手に入れたグラフィックボードを見てみると、前の所有者がかなりひどい扱いをしていたらしく、内部はヤニと埃で劣悪な状態。分解して丁寧に清掃します。狭いところは歯間ブラシがとても有効でした。パソコン用品店で買ってきた熱伝導シートで各発熱部をカバー。ヒートシンク、冷却ファン、カバー、を組みなおして取付。wpid-dsc_01834533880032975783799.jpg

wpid-dsc_01753140761419537920037.jpg

 

バイクほどではないですがめんどくさい根気のいる戦いでした。それでも起動できた時の快感はひとしお。こんな時代遅れの規格をあと何年引きずっていけるかわかりませんが、これからも大切にしていこうと思います。

バイク動画奮闘

ウェアラブルカメラを中古で入手して以来、重機で車載撮影したりバイクでツーリングを撮ったりしてます。

苦戦してるのが動画の編集作業です。編集ソフトもいろいろあり、どれが使い勝手がいいかとかどんなことができるかとか試行錯誤してます。

YouTubeのばくさくアカウントにアップロードするのですが、画質の問題がなかなか難しい。パソコンのメインメモリ強化とかグラフィックボード強化とかしましたが、結局のところ動画の編集能力はCPUに依存しているようです。

ツーリングに出かける際、嬉々としてカメラ撮影するわけですが、撮りためたデータを取捨するときの判断基準がよくわからなくて悩みます。動画として使う部分なんて撮ってきたデータ量の数パーセントにしかなりません。

欲を出して動画の長さが長くなればエンコードに時間がかかり、パソコンを放置したまま就寝することもしばしば。

上はまだバイク動画を始めたばかり。とりあえず近場で撮って携帯の編集ソフトで編集しました。


上は那須塩原へツーリングに行ったときの様子です。那須与一にゆかりのある温泉神社をお参りし、ライアーズカフェボビーで昼食を摂って帰りました。
wpid-dsc_01274583967015106845154.jpg wpid-dsc_01282796928594572335125.jpg wpid-dsc_01265523802041731796202.jpg

 

続いて福島県の浜通りの山道を探検して茨城県の花園神社に行きついた内容。

昼食はカフェRUNというライダー客を優遇してくれるダイナーにてスイーツを食べました。コーヒーはサービスとの事でした。

wpid-dsc_01458906163648359879613.jpg wpid-dsc_01464939227959702423921.jpg

 

次は新潟県の五十嵐神社ツーリングの様子です。

字幕入れに挑戦してみました。なかなか面倒くさい作業で骨が折れます。普段は他人のツーリング動画を見てもなんとも思わなかった話題選びについてなんですが、いざ自分でやってみると何書いていいか悩むことが多々ありました。文章を短く簡潔にまとめるところもセンスが要求されます。

DSC_0172

食事は梅ヶ井食堂にて焼肉定食。コシヒカリがおいしいことで有名な魚沼市と近いのもあるのか、白米が特に見事な味わいでした。

今は田植えシーズン入りということでしばらくはまともにバイクで出かける余裕がなくなるので動画撮影も休止状態になります。

その間、動画制作の環境を整えるためにもCPUを強化するか悩み中です。

3月のそばふるまい振り返り

3月は14、21、28と三週連続で道の駅そば試食販売を開きました。

wpid-dsc_01505908026463565916671.jpg

wpid-dsc_01518196642735301918372.jpg

試食販売を始めてから5年経過。最初はほとんど売れなかったのが今まで根気よくつづけた結果、売れ残りが発生しないほど好調に売れるようになりました。

wpid-dsc_00933505081372598666165.jpg

続けることで認知度が上がり、買ってくれるお客様が増えたのだと思います。

wpid-dsc_00908571581106046054891.jpg

一時期、ばくさくのそばパックを一回り小さい物に変えて提供してました。これは内容量を変えることなく、買っていったお客様の荷物としてかさばることのないようにとの配慮でしたが、少なく見えるのか売れ行きは少しだけ落ちました。

wpid-dsc_01557869230960019134592.jpg

今は通常のパックに代わってますが、また都合がつき次第、この小さなパックに一時的に切り替えるつもりです。

wpid-dsc_0153226244389771707397.jpg

試食のお蕎麦を差し入れに出店をしているコーヒー屋さんと、きんつばたこやき屋さんに持っていくことを恒例としてます。

wpid-dsc_01528014078650943539246.jpg

きんつばたこ焼き屋さんでは新メニューの豚角の串焼きが加わってました。肉厚で柔らかく、かなりの美味でした。

wpid-dsc_00913530707245332349306.jpg

たこ焼きもきんつばも道の駅の出店としてはトップの売れ行きらしく、販売車両は道の駅出入口の一番近いところというベストポジションに陣取ってます。

wpid-dsc_01245166054371215417333.jpg

いままで爆弾焼きというたこ焼きを大型化したものを売っていた出店が新しくから揚げを提供するようになりました。これがやばいくらいおいしい。病みつき必須です。

wpid-dsc_00949134625390935079068.jpg

お彼岸の期間はいちごが大量に売れてました。

wpid-dsc_01224208858596262631774.jpg

農産物コーナーで試食を配る裏では、顔なじみが集まってくるので、試食用のお蕎麦をVIP盛りにして提供してます。

wpid-dsc_01237979274496262257650.jpg

4月に入って田んぼ仕事が忙しくなるタイミングで蕎麦ふるまいは休止となります。

今年の稲刈りが終わり、新そばイベントも落ち着いた11月後半になればまた再開します。

バイクの車載動画の為に購入したゴープロで蕎麦を茹でるところを撮ってみました。

杉の糸桜2021

稲作が忙しくなって忘れてましたが、杉の糸桜を見てきました。

花盛りの様をお送りできなかったのは心残りでした。

五十嵐神社お参り。オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」感想。

 

些事ではありますが、このたびは私が組み上げてからはや15年となる自作のパソコンが最近のウィンドウズの更新を期にスペックが追いつかなくなり、フリーズを連発するようになりました。

システムエラーのログを見ると、メモリ不足とのこと。急遽、新たにパーツを注文しようにもすでに時代遅れとなった規格では、ろくな物が見つかりません。かろうじてヤフオクでよさげな物を見つけて少し贅沢して落札しました。それでもこの調子だとただの延命措置にしかならず、近々パソコン自体の更新を迫られることになりそうです。

DSC_0050

こちらはデザインの仕事の様子。新商品のそば餅のポップ作りをしてます。

DSC_0037

以前作ったそば餅のラベルではそばの花のイラストに色付けしてなかったのを着色してみました。少しは見栄えが良くなったと思います。

DSC_0045

 

私がお世話になっている加藤そば道場の看板犬ハナと久しぶりにお散歩しました。

私を見かけるなり甘えてきますが、リードを付ける途端にものすごいトルクで私を引き回すのは相変わらずでした。

DSC_0040

DSC_0043

ハナを制御するのに餌の携帯は欠かせません。牛タンジャーキーがこの日も安全装置の役割を果たしてくれました。

DSC_0044

私の母方の家系にゆかりのある那須与一の人物伝を読み終え、那須与一にゆかりのある新潟県の三条市にある五十嵐神社にお参りに行ってきました。

DSC_0048

社務所は無人で、近くにお住まいの宮司さんに電話をして御札とお守りを頂きました。母の家系との繋がりと那須与一の本の事を話すとお茶飲みに誘われました。

宮司さんの家には木工品や彫像が所狭しと置いてありました。作品性は日本史好きに刺さるものとお見受けします。

宮司さんとのお話の中で、新しくできあがるトンネルの事をお聞きしました。

福島県の只見町と山一つを隔てたここ新潟県三条市を結ぶトンネルが開通するらしいです。

福島県の方でも、芦ノ牧温泉のあたりに新しくトンネルを開通させるバイパス工事が着工しており、会津美里町から昭和村までは博士トンネルがまもなく開通予定。

これら一連の交通網整備の一環であるのは間違い有りません。宮司さんはこの新道路による経済的な刺激への強い期待感をお話してくれました。

五十嵐神社の最近の様子としては、コロナの影響で全国の五十嵐家が集う毎年恒例の行事が中止になってしまった反面、テレビが同じ番組を再放送する時に五十嵐神社を取り上げた内容を繰り返すもので、知名度が広がってかえって訪れに来てくれる人が増えているとうことでした。

私はバイクでのツーリングでしょっちゅうこの近くを通り過ぎるのもですから、その時はたまにお邪魔しますと約束してから私は帰りました。

DSC_0049

弓繋がりにはなりますが、那須与一の本を読んだ後に手に取ったのは大分前から読んでみたいと思っていたこの一冊です。

DSC_0063

戦前の頃に遡りますが、とあるドイツ人で神秘主義を研究していた神学者が日本の禅に興味を持っていたところ、日本での教職のつてを勧められて来日した際に、当時日本に存在した弓聖として名高い阿波研造のもとで修行した体験記を綴ったものです。

文体の表現がとらえどころが無く、ものすごく難解でした。ただ理解できたのは、禅に通じる思想は弓に限らず剣や書や華など多くは「道」がつく修練の中に根付いていたと言うことです。今のスポーツが最終的な形としてスポンサー契約によるお金稼ぎと密接になったオリンピックであるなら、道が付く弓道などは人の精神性の完成のみに重きを置いた過酷で難解な到達点であると私は自分なりに理解しました。

スポーツでも体操でも無く、禅とはひたすら自己の中を見つめ通して得られる得体の知れない深みであり、自己主張を基本とした西洋思想では到底理解に苦しみ、たちの悪い精神病と片付けられても仕方の無い遠い存在。

これは後書きにある翻訳者などによる解説に書いてあったことですが、戦後のGHQは危険思想として道のつく精神教育を禁止し、日本の西洋化を教育に盛り込みました。そして今の日本自身でさえ禅の教えからは遠ざけられてしまったらしいです。

あとは当時の哲学者のハイデガーを意識してなんたらかんたらと書いてありましたが、そこまではついて行けませんでした。

後に知りましたが、この本がアップル創始者のスティーブ・ジョブスの愛読書だったとは驚きです。60年代だか70年代には西洋で禅がブームになった時期があったそうで、その中でも「弓と禅」は中心的な書物として広まったらしいです。

この本はこれからも繰り返し読み返す事になりそうです。ものすごい深みを手にしてしまいました。

2/28蕎麦ふるまい

先日2月28日には道の駅あいづ湯川・会津坂下にて蕎麦の試食販売を開きました。

DSC_0053

DSC_0051

この日は快晴で遠くの山がくっきり見えました。誰かが雪山を登っていてもここから見つけられそうなほど空気が澄んでいて綺麗な景色です。遠くに見える飯豊山もすぐに頂上まで登って行けそうな気になるほど近く感じました。こうして遠くから眺めてるだけで登山をしてる気になります。

DSC_0054

DSC_0055

DSC_0052

みんなで間食のおやつを持ち寄りました。今日の売り子さんは自作のシュークリーム。私と藤川さんで道の駅から各々のお気に入りを買い食い。みんなで賑やかに作業しました。

DSC_0056

DSC_0057

同じ日に道の駅で売り出しをしていたお菓子屋さん。ひな祭りのお供え物の需要も考えての売り出しなのだと思います。手作りお菓子の、特にサクラ餅は葉っぱの香りがとてもよく香りました。

DSC_0058

 

今日も盛況につき売り切れたのが13時頃。撤収作業を開始して13:30には片付けを終えました。DSC_0061

今日の蕎麦打ちは他からの注文も多く、道の駅での売り出し用は控えめにしたのですが、売れ方の調子からしてもうすこし欲張っても良かったかと思います。

春の蕎麦ふるまいは残すこと三回となりました。3月の予定は14日、21日、28日となっております。

 

 

郡山美術館アルフォンス・ミュシャ展。那須与一の人物録読破。

良い天気が続いたと思えば寒波がやってくるの繰り返し。今年の初め頃はスノータイヤを履かせた原付で喜々として雪道を走りましたが、もう疲れてしまいました。

ばくさくの機械小屋で冬眠させてる我がホンダのNC700Xは去年でオドメーター70000km。今年はホンダが新しいモデルをリリースするということで、こっちの初代モデルは3世代落ちとなりました。すっかり時代に取り残され、くたびれてきたしがない大型バイクですが、もう少し一緒につきあってもらおうと思います。

DSC_0013

いつも小説ばかり読んでたのが、実家の祖父から譲り受けたこの歴史書を読むことになってみると本当に手こずりました。

私の実家のルーツである那須与一の人物録ではあるのですが、ご丁寧に日本の歴史の形成から始まって那須一族の下野地方(栃木県那須エリア)への定着を下地に平家物語の時期と源平合戦が終わった後の那須与一がたどった遍歴を追って語られていて、かなり緻密な実録となってました。

吉川英知の小説の新平家物語では那須与一は左遷されて領地没収されてしかも病を患ってと言った悲壮な境遇を記憶してましたが、実際は反対で頼朝に厚遇され安泰だったとわかって意外でした。

那須地方は狩り好きな頼朝にとって恰好な狩り場で、那須与一は頼朝の狩猟行事を統括する重要な役割があったとあります。

それが、大規模な狩猟を執り行っているときに頼朝の重臣配下の従者と那須与一配下の従者が流血沙汰の乱闘を引き起こして、那須与一はその責任を取って越後(新潟県)の五十嵐家の元に配流となったということでした。

那須与一は一緒に連れてきた奥方との間に彼の地で男子を設け、その子を五十嵐家の息女と結ばせて血縁関係を築いたのが今に続く五十嵐家と那須与一のゆかりの発祥なのだそうです。

与一は流罪の期間が済むと那須地方に戻り、仏門に入って法然門下にて出家し、旅に出て源平合戦の激戦地を辿ったそうです。

最期の地は伊予国(愛媛県)にあり、地元の人たちに慕われる中で息を引き取ったのが最後らしいです。でもお墓は(但馬)兵庫県にあったりと、どこかで読み違えたのかわかりません。

とにかく、バイクシーズンになったらバイクで那須与一ゆかりの土地や神社などを巡りたいとの気持ちを持ちました。

那須塩原の温泉神社は扇の的を射るときに与一が祈りを捧げたとても重要な神社。いつもツーリングで通り過ぎてばかりでしたが、次回はしっかりお参りに行きます。

長野県の諏訪湖。源平合戦を終えて与一の兄たちが那須に帰る途中、頼朝を警戒して身を潜めていた場所です。

香川県にある矢島古戦場。扇の的の現場を巡りたいものですが、遠すぎるのでコロナの感染状況次第ではあります。

DSC_0014

福島県の郡山市立美術館で開催しているアルフォンス・ミュシャの展示会に行ってきました。テレビでコマーシャルを流したりと熱心な宣伝には熱の入れようがしれます。

DSC_0015

ミュシャはスラブ文化の人間で、ヨーロッパと言うよりどちらかというと東欧の人。彼のコレクションには江戸時代の浮世絵がいくつか所蔵されており、浮世絵の影響が輪郭線を強調する作風と結びついていると思いました。

それが昭和後期にはミュシャの絵に触発された漫画家が多数現れ、そのマンガを身近にして育った私のような人間にはミュシャの絵はどこかで見たことのあるような、昔の絵では無くつい最近のアーティストの作品かと思える親近感がありました。

ミュシャが生きた時代はまさに大量消費社会の始まりのタイミングであり、アートの分野も重厚なものから手軽なイラストとしての分野への変遷が始まる時期でした。ミュシャの作品はそんな昔ながらの重厚な絵画と、大量印刷向けで納期の都合に適したイラストの中間にあるものなのだと思います。それが、グラフィティというものなのでしょう。

しかし、綺麗に描かれたマダムの絵ばかりが続くと何か酔ったような不快感がこみ上げてきます。そんなときに老人とか軍人の絵が目に入ると強いアクセントとして心に残ります。

美術館を出た後も心に残るのは、30年戦争の頃の猛将ヴァレンシュタイン将軍の絵でした。ミュシャが歴史物の出版物の挿絵として依頼されたものらしいですが、戦記物が醸し出す渋さは私にとってかなりの好みです。

この展示会の目玉はフランスの演劇界で女王的存在であったサラ・ベルナールなるお人を描いた作品なのでしょうが、私は頭痛しか感じませんでした。

女性美の描き方のワンパターンさですが、少年誌の作者に美女を描かせると髪型くらいしか違いが無くてほとんどみんなが同じ顔になるのと一緒です。

DSC_0016

お土産にポストカードを三枚購入。帰りには美術館のカフェでスイーツを注文。メニューは甘いものばかりで、塩分ものはパスタが一品だけでした。こういうところに来る人は甘党に偏っているのでしょう。

注文したのは旬のフルーツのパンケーキ。高いですがなかなかボリュームが多く、立ちっぱなしでギャラリーを長時間牛歩した身体の疲労にはうれしい一品です。

ブレンドコーヒーはセブン珈琲に比べると苦みも渋みもかなり控えめに抑えられ、香りも弱いんだけど濃厚さだけが口と喉に残る感じ。

女性向けとしてはとても洗練されている味わいでした。塩分摂取に積極的な労働者階級というより、あっさりした知的な人向けって感じです。

DSC_0017

帰り道はひたすら下道。

美術館を出たのが退勤ラッシュ前だったので細い田舎道を選んで辿り、熱海町前で49号線に合流。なんとか都会の渋滞は避けて帰り着くことが出来ました。

そういえば美術館に行くというのが大学生の頃以来で、社会人になってからはまったくありませんでした。

たまにはこういうのに触れることも、仮にも美大出身の身としては栄養になる筈なので、これからはもう少しだけでいいから増やして行くのも良さそうです。

2 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ