〒969-6576 福島県河沼郡会津坂下町大字牛川寿ノ宮1905 TEL:0242-85-8861

会津坂下町でお米やそば粉を生産・販売|若宮ばくさく

トップページ > スタッフブログ > コロナ禍でのそばイベント

コロナ禍でのそばイベント

DSC_1082

稲刈りが終了して早々に新そばシーズンという事でイベントに追われました。コロナ禍での影響で蕎麦の名所各地ではイベントが中止となる中でこちら会津の蕎麦打ち達は黙っていませんでした。

DSC_1055

道の駅で縮小版そば祭りを開催しました。写真は開催前日に現場でテントの設置位置などを検証している様子です。

DSC_1122

藤川製麺にて蕎麦打ち名人集合。各自で粉ひきしたそば粉を持ち寄り、すべてをまぜこぜにしてたそば粉で蕎麦打ちを行います。

DSC_1124

そば粉のテイスティング。冗談半分です。みんな微妙な違いしかわからず、結局たらいの方に混ぜました。

DSC_1125

集めたそば粉をたらいの中に入れて均一にしている様子です。

DSC_1126

DSC_1128

前日に打った蕎麦を翌日会場に持って行って調理場の設営を行います。

DSC_1129

道の駅あいづ湯川・会津坂下の正面施設の裏の方にて蕎麦の提供を行いました。

DSC_1130

ある程度は予測したつもりでしたが、ピーク時の長蛇の列はなかなか消えることはありませんでした。

DSC_1134

ガスの様子がおかしくて見てみたらプロパンが凍り付いてました。応急処置で流水を当て続けながらそば湯でを続行しました。

DSC_1135

お昼過ぎくらいに前日仕込みの蕎麦を使い切り、やむなくお土産お持ち帰り用の生そばを蕎麦提供の方に回しました。14:00にはすべての蕎麦提供は終了してみんなで片付け撤収作業に入ります。

DSC_1136

すっかり撤収を終えた時の様子。

DSC_1137

全員集合して終わりの挨拶。

DSC_1138

続いてのイベントは会津坂下町蕎麦の陣という、送料を引いたお得な値段で生そばをお届けするサービスです。外出自粛が求められる社会情勢を逆手にとったこの戦略は新奇性もあって新聞にも取り上げられました。

img20201020131116859713

この日も藤川製麺の蕎麦工房にみんなで集まって一斉に蕎麦打ちしました。

DSC_1165

蕎麦打ち名人各自の工房でバラバラに製麺するはずだったのがあまりにも注文数が多くなってみんなで一緒にやろうという事になりました。

DSC_1166

お昼は手配されたお弁当に藤川さん家お手製のお味噌汁とお新香。

DSC_1167

積み上げられた蕎麦箱たち。クロネコヤマトさんに迎えに来てもらうのを待ちわびております。

DSC_1169

この感じ何かに似ていると思えば、年越し蕎麦に追われる大晦日の雰囲気にそっくりでした。

DSC_1170

 

写真に残しておいた蕎麦イベントは蕎麦の陣と縮小版そば祭りのみでしたが、この他にもイベントはいろいろありました。通常の仕事に加えて蕎麦打ちの仕事も掛け持ちでこなしているうちに月が変わって師走入り。このブログを書いてる12月初旬には新そばシーズンの忙しさからやっと解放されました。

DSC_1189

 

蕎麦刈りに使う機械のすみっこに蕎麦が育っておりました。うちが使ってる品種は昔ながらの在来種。なかなかの根性を見せてくれます。

最近の投稿

このページの先頭へ